九州大学Seeds集 九州大学・研究シーズ検索
日本語ENGLISH

Seeds集についてお問合せ
 

分野別検索
ホーム > 研究シーズ検索 > 研究内容詳細

四置換アルケンの立体選択的合成法 2010.06.29

新藤 充研究者情報
図1)
【 研究概要 】 カルボニルのオレフィン化反応による四置換アルケンの精密合成は未解決問題の問題の一つである。我々はイノラートとカルボニルが室温で速やかに反応し四置換アルケンを与えることを発見した。さらにアシルシラン、α―ヘテロ置換ケトン、エステルなどのオレフィン化でほぼ完璧な幾何異性選択的4置換アルケンの精密合成に初めて成功した。この選択性はカルボニル置換基の電子的性質により決定されトルク選択性の概念より理論化学的に予測可能であるとともに一般性が極めて高い。使用する金属は安価かつ毒性のないリチウムのみである。医薬品、有機機能材料の精密合成に有効である。 【 関連キーワード 】 アシルシラン | イノラート | ケトン | オレフィン化 | 2次軌道相互作用 | トルク選択性 | 四置換アルケン | エステル 【 関連URL 】  http://www.cm.kyushu-u.ac.jp/dv01/dmstj.html

九州大学AiRIMaQ 九州大学 学術研究・産学官連携本部 サイトポリシーお問合せ
COPYRIGHT c 2010 KYUSHU UNIVERSITY/AiRIMaQ ALL RIGHTS RESERVED.