九州大学Seeds集 九州大学・研究シーズ検索
日本語ENGLISH

Seeds集についてお問合せ
 

分野別検索
ホーム > 研究シーズ検索 > 研究内容詳細

インタラクションデザインを先導するメディアアート 2010.08.10

富松 潔研究者情報
図1)
【 研究概要 】 インタラクションデザインを先導するメディアアート学習をしなくても操作することができるユーザインタフェース、最初からユーザのメンタルモデルと一致したインタフェース、ユーザの行動履歴を記録するアンビエントコンピューティング環境、ユーザの行動を解釈してユーザの行動文脈を理解するシステム、その結果ユーザに対して個別最適なサービスを提供するデザイン、体を通して体験できるインタフェース環境、このような課題に対してソリューションをデザインする場合、ユーザの日常的なコミュニケーション行動や社会的な自然な振る舞いを入力系とし、ユーザの選択行動や意志決定過程における豊かな体験を演出して、多様なユーザのニーズに対応した商品サービスを出力として提供する必要がある。意図的な行動や動作に反応するメディア環境、直感的な理解が可能な環境が発するメッセージ言語、現実空間と仮想空間、ハードウェアとソフトウェア、これらの間には自然な対応付けが必要である。 【 関連キーワード 】 インタフェースデザイン | インタラクションデザイン | エクスペリエンスデザイン | カーエレクトロニクス | ゲームデザイン | デザインストラテジー | メディアアート

九州大学AiRIMaQ 九州大学 学術研究・産学官連携本部 サイトポリシーお問合せ
COPYRIGHT c 2010 KYUSHU UNIVERSITY/AiRIMaQ ALL RIGHTS RESERVED.