九州大学Seeds集 九州大学・研究シーズ検索
日本語ENGLISH

Seeds集についてお問合せ
 

分野別検索
ホーム > 研究シーズ検索 > 研究内容詳細

高速電界駆動型液晶アクチュエータの研究 2010.08.25

甲斐 昌一
岡部 弘高研究者情報
日高 芳樹研究者情報
図1)
【 研究概要 】  近年、再生医療、医工学、福祉ロボットなどの発展とともに、幼児や高齢者に対する安全性や人間との調和という観点から、各種のイオン性ゲルや高分子などの柔軟性に富んだソフトマター・アクチュエータの開発が期待されています。その有力な候補の一つが液晶エラストマー(LCE)です。このLCEは、電界によって長さや弾性が変化し、収縮に際し体積の変化が少なく繰り返しに強くて耐久性が良いという特徴をもっており、この性質から電界駆動型のソフト・アクチュエータや人工筋肉として期待されています。我々は、構造の最適化やLCEへの低分子液晶の吸収・膨潤によって、外部刺激に敏感かつ多元的に応答する物質の創製を試みています。 【 関連キーワード 】 アクチュエータ | 液晶材料 | 人工筋肉 【 関連URL 】  http://www.e.ap.kyushu-u.ac.jp/ap/index-j.html

九州大学AiRIMaQ 九州大学 学術研究・産学官連携本部 サイトポリシーお問合せ
COPYRIGHT c 2010 KYUSHU UNIVERSITY/AiRIMaQ ALL RIGHTS RESERVED.