九州大学Seeds集 九州大学・研究シーズ検索
日本語ENGLISH

Seeds集についてお問合せ
 

分野別検索
ホーム > 研究シーズ検索 > 研究内容詳細

スフィンゴ脂質・複合糖質機能の利用に関する研究 2010.06.10

伊東 信研究者情報
沖野 望研究者情報
図1)
【 研究概要 】  スフィンゴ脂質・複合糖質は、ヒトを初めとする脊椎動物に欠かすことができない生体膜情報分子である。当研究室では、これらの構造と機能及び利用について研究している。特に、セラミド代謝に関する研究においては世界をリードする研究室の1つである。セラミドは、脂質メディエーターとして医薬品の標的となっているばかりでなく、化粧品や健康食品としても利用されている。基礎的な研究と並行して、海洋生物資源や微生物からこれらの研究に必要な新規酵素、遺伝子、阻害剤、及びマテリアルとしての新規スフィンゴ脂質等の開発を行っている。 【 関連キーワード 】 アトピー性皮膚炎・遺伝子・医薬品 | 海洋生物・感染・機能性食品 | 魚病菌・化粧品・血管新生 | 酵素・高度不飽和脂肪酸・細胞性粘菌 | 細胞認識・脂質マイクロドメイン・情報伝達 | スフィンゴシン・スフィンゴシン-1-リン酸・セラミド | セラミド・ゼブラフイッシュ・阻害剤 | 代謝・大腸癌・毒素受容体 | 微生物・マテリアル・ラビリンチュラ 【 関連URL 】  http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/kaishika/

九州大学AiRIMaQ 九州大学 学術研究・産学官連携本部 サイトポリシーお問合せ
COPYRIGHT c 2010 KYUSHU UNIVERSITY/AiRIMaQ ALL RIGHTS RESERVED.