九州大学Seeds集 九州大学・研究シーズ検索
日本語ENGLISH

Seeds集についてお問合せ
 

分野別検索
ホーム > 研究シーズ検索 > 研究内容詳細

脳内炎症とミクログリア 2010.03.24

野田 百美研究者情報
図1)
【 研究概要 】  強力な生理活性物質であり発痛物質でもあるペプチド・ブラジキニンの受容体がミクログリアにあることを発見したことに続き、ミクログリアが炎症や痛みと どのように関係しているのか、またそれにおよぼす各種ニューロペプチドの作用を電気生理学的・生化学的に解明するとともに、ミクログリアの遊走性についても解析する。そのメカニズム解明により、抗炎症薬 および炎症を伴う神経疾患の治療薬のターゲットを探る。 【 関連キーワード 】 炎症 | 発痛物質 | ブラジキニン | ニューロペプチド | ミクログリア 【 関連URL 】  http://seiri.phar.kyushu-u.ac.jp/

九州大学AiRIMaQ 九州大学 学術研究・産学官連携本部 サイトポリシーお問合せ
COPYRIGHT c 2010 KYUSHU UNIVERSITY/AiRIMaQ ALL RIGHTS RESERVED.