九州大学Seeds集 九州大学・研究シーズ検索
日本語ENGLISH

Seeds集についてお問合せ
 

分野別検索
ホーム > 研究シーズ検索 > 研究内容詳細

生体関節・関節軟骨・軟骨細胞のバイオメカニクスとバイオトライボロジー 2010.08.27

村上 輝夫
澤江 義則研究者情報
中嶋 和弘研究者情報
図1)
【 研究概要 】  生体関節・関節軟骨・軟骨細胞などにおける構造・機能と機械的特性の関連をナノ・マイクロ・マクロの多階層の視点から明らかにするとともに、細胞の応答を評価する。これらの生体組織における構造形成・機能発現や損傷発生・修復の機構を解明し、医療技術への応用を目指す。軟骨組織に関しては、図に示す顕微鏡ステージ据置マイクロ圧縮試験機において軟骨細胞を染色してマーカとすることにより圧縮試験時の局所ひずみの部位依存・時間依存性挙動を明らかにした。また、細胞のマクロな形態や細胞骨格の構造観察を可能とした。一方、関節の優れた潤滑機構の解明のために、多モード適応潤滑の視点から各種の摩擦試験を行うとともに、吸着膜・ゲル膜の構造評価や表面膜形成機構の解明を進めている。 【 関連キーワード 】 関節軟骨 | 再生医療 | 生体関節 | 多モード適応潤滑 | 軟骨細胞 | バイオトライボロジー | バイオメカニクス | 変形性関節症 | 摩擦 | 摩耗 【 関連URL 】  http://tribo1.mech.kyushu-u.ac.jp/BD/

九州大学AiRIMaQ 九州大学 学術研究・産学官連携本部 サイトポリシーお問合せ
COPYRIGHT c 2010 KYUSHU UNIVERSITY/AiRIMaQ ALL RIGHTS RESERVED.