九州大学Seeds集 九州大学・研究シーズ検索
日本語ENGLISH

Seeds集についてお問合せ
 

分野別検索
ホーム > 研究シーズ検索 > 研究内容詳細

医療・医学における冷却技術とデバイス 2010.08.30

高松 洋研究者情報
吉田 敬介研究者情報
内田 悟
図1)
【 研究概要 】  冷却を医療や医学研究に利用した技術やデバイスに関する研究を行っている。その一つが培養細胞のその場観察選別回収法の開発である。多くの種類の細胞の中から特定の細胞のみを選別する技術は、幹細胞や前駆細胞などに関する研究では重要な技術の一つである。本研究では、温度応答性の相分離特性を有する高分子化合物をコーティングしたディッシュに細胞を培養し、培養状態を顕微鏡下で観察しながらターゲット細胞のみを回収する新しい方法を開発している。その他、凍結手術用の凍結プローブに関する研究も行っている。 【 関連キーワード 】 医用工学 | 温度応答性高分子 | 細胞操作 | 細胞の選別回収 | 凍結手術 | 凍結プローブ | 冷却技術 【 関連URL 】  http://www.mech.kyushu-u.ac.jp/~hmt/HMT_lb.html

九州大学AiRIMaQ 九州大学 学術研究・産学官連携本部 サイトポリシーお問合せ
COPYRIGHT c 2010 KYUSHU UNIVERSITY/AiRIMaQ ALL RIGHTS RESERVED.