九州大学Seeds集 九州大学・研究シーズ検索
日本語ENGLISH

Seeds集についてお問合せ
 

分野別検索
ホーム > 研究シーズ検索 > 研究内容詳細

ロケットの構造強度技術の信頼性向上に関する研究 2010.08.31

幸節 雄二
室園 昌彦
山崎 正秀
図1)ロケットの例
【 研究概要 】 1)荷重解析法の高信頼性化, ロケットのより大型化に備え、突風突入・空力弾性・制御系を考慮した振動荷重推算法を開発し、信頼性を向上させる。
2)空力弾性振動(バフェッティング)の抑止, 大型ロケットのバフェッティングについて発生機構を解明し、防止対策(形状変更、機体の剛性増加等)について研究する。
3)燃焼振動の発生機構の解明, 線形範囲の研究を発展させ固体推進薬の大変形を考慮した固体ロケットに発生している燃焼振動特性を理論的、実験的に解明する。
4)推進薬タンクの振動抑止. 液体推進薬のシェルタンクに作用する振動外力による非線形強制振動(高調波,分数調波)特性を理論的、実験的に解明する。
【 関連キーワード 】 荷重解析 | 構造振動 | 構造設計 | ロケット

九州大学AiRIMaQ 九州大学 学術研究・産学官連携本部 サイトポリシーお問合せ
COPYRIGHT c 2010 KYUSHU UNIVERSITY/AiRIMaQ ALL RIGHTS RESERVED.